腰からお尻、太もも、足へと痛みやしびれを感じると、誰でも坐骨神経痛ではないかと誰でも思うほど、坐骨神経痛という名はポピュラーになっていますが、その痛みのメカニズムや原因を知っている人は意外に少ないようです。
中年以降になると骨や関節を支えている筋肉が衰え始め、腰の慢性的な痛みを訴える人も多くなってきます。
ぎっくり腰のように、ちょっとした動作が原因でも激しい痛みに襲われる場合もあります。

スポンサードリンク

坐骨神経痛と腰痛

ある調査によると日本人の約80%の人が、一生のうちに腰痛に悩まされると言います。
若い人でも無理な動きや姿勢のために腰痛になることは多いようです。

坐骨神経痛とは、腰の痛みが腰だけにとどまらず、お尻や太もも足にまで痛みやしびれが起こるものを指します。
お尻から太ももの後ろ、すね、ふくらはぎ、膝下の外側、足の先に坐骨神経は存在しており、坐骨神経に沿った部分が痛むことから坐骨神経痛と呼はれます。
しかし、坐骨神経痛は病名ではなく坐骨神経にそって起こる痛みやしびれという症状を言うのだそうです。

坐骨神経痛そのものが病気ではなく、坐骨神経痛と言う症状を起こしている原因となっている病気が存在するのです。
ほとんどの場合、腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)と腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)が坐骨神経痛を起こしている原因と言われています。
ですから、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアを治さなくては、坐骨神経痛と言う症状は改善されません。

しかし、腰部脊柱管狭窄症や腰椎椎間板ヘルニアが原因ではないのに坐骨神経痛が表れる場合があります。

それは、足の血管がつまっていたり、子宮がんや前立腺がんが原因のこともありますから、坐骨神経痛の症状が出た場合には整形外科の診察を受けることが望ましいのです。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

坐骨神経痛 症状と治療法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://chiryo.121b.com/zakotsu/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。